エアチューブシステム [気送管装置]

世界最大手 aerocom社製の物流設備です。
検討から導入、運用までフルサポートします。

設備設計、価格検討、導入、運用。全てにおいてサポートします。

エアチューブシステム( 通称:気送管装置) の導入を具体的にご検討いただくために、
ブルックスジャパンがサポートさせていただく業務とそのスケジュールについて、下記のように基本例を挙げてご説明いたします。

ご相談

お話を伺い、労力削減や仕事の効率化など、最も解決すべき課題を明確にします。
わたくし共は設備導入を介して、様々な問題解決に立ち会ってきましたので、お話を伺うだけで、
お役に立てることもあるかと思います。

現地調査(約3日)

実際に建物と運ぶ物を見せていただき、お仕事中にどんなタイミングで運ばれているのかを教えていただきます。

基本システム設計(約10日)

現地調査と、教えていただいたお仕事の方法をブルックスジャパンで分析し、どのようにシステムを使っていくのが
良いのか、どうやったら低コストで導入・運用できるのかを設計します。

ご提案

運用方法、設備配管、費用についてご提案させていただきます。
運用方法や、コストについてもご納得いくまで、ご対応させていただきます。

ご契約

ご納得いただきましたら、ご発注契約の締結を結ばせていただきます。
この時、輸入に関する手続きなどのコストは全てブルックスジャパンが請け負います。

機材の輸入(約3ヶ月 ※変動する場合があります)

配管素材や制御のための精密機器など、ドイツのエアロコム社から取り寄せる手配をし、
送られてきた機材の検品を行います。

国内輸送

お客様と日程調整をさせていただき、納品日を決め、機材の搬入を行います。

設置工事(期間は施工規模によります。お問い合せからご相談ください)

チューブの配管はもちろん、制御盤の設営。それに伴う電気工事などを行います。

運用設定と試運転(約2日)

設備したシステムを制御するための設定を行い、稼働テストを行います。

オペレータートレーニング(約1日~)

設備したシステムを運用するための配送プログラミング設定を行い、稼働テストを行います。

お引渡し

お客様に設備したシステムが稼働することを確認していただき、お引渡しさせていただきます。
※この時に、オペレーションマニュアルもお渡しいたします。

運営サポート

エアチューブシステム導入後、一年間は無料で
■エラー対応
・24時間電話対応
・緊急保守
■質疑応答
・24時間電話対応

をさせていただきます。一年後からは、設備の規模に応じた有料対応になります。

上へ

select languade

japanese english

select languade

japanese english

select languade

japanese english

select languade

japanese english