会社紹介

ドイツ語で「橋」を意味するBruecke

私達の社名、BRUX【ブルックス】とは、ドイツ語で「橋」を意味するBrueckeからいただいております。
この名の示すとおり、日本と世界の技術を結ぶ架け橋となるべく、豊富な国際取引と日々蓄積し続けている技術サポートの経験を生かし、皆様のお役に立つよう努力しつづけています。

主な業務として、日本国内のメタルマスク製造業者さまには、メタルマスクを加工する為のドイツLPKF社製ステンシルレーザーを。更に、日本の病院や研究施設を始めとした、ホテルや銀行、工場や商業施設さまには、物流の基盤となるエアロコム社製エアチューブシステムを。また、国内の優秀な製鉄技術を背景に、世界中のメタルマスク製造業者さまにステンレスシートを提供しております。

スピーディで、確実な行動が我々の第一の信条ですが、同時に技術の現場は時に流動的で、変化に対応できる対応力が大事なことだと承知しており、確実性とフレキシブル性を成り立たせることこそが、私達の役目であると自負しております。
『技術を駆使して世の中を作る』、『私達のお客様が活躍し続けるために』、常に最新の情報を収集し、技術力を持って、お客様の課題と共に向き合うパートナーとして認め続けていただく事が、私たちの喜びです。

会社概要

社名
株式会社ブルックスジャパン
BRUX JAPAN CO., LTD.
代表取締役
篠原 友美 / Tomomi Shinohara
創設日
平成19年9月
資本金
4,800万円
本社所在地
〒812-0016
福岡県福岡市博多区博多駅南1-3-1
日本生命博多南ビル6F
電話番号
092-473-6455
FAX番号
092-473-6445

主な事業目的

メタルマスクレーザー加工機の輸入
ステンレスシートの輸出
メタルマスク関連精密測定器輸出
エアチューブシステムの輸入と設置
その他、各種貿易業務

主な取引国

・ドイツ ・米国 ・韓国 ・南アフリカ ・ブラジル
・スロベニア及び欧州諸国 ・インド ・中国
・台湾 ・シンガポール


主な仕入先

LPKF

1976年設立、ドイツで生まれ、世界80箇所以上の拠点を持つグローバルカンパニー。
レーザー応用加工機のリーディング企業として、圧倒的な技術力とサポート力を背景にメタルマスク用レーザー加工機の日本市場では、80%以上のシェアを保有しています。

LPKF会社写真

LPKFは、日本法人LPKF Laser&Electronics 株式会社がありますが、私たちブルックスジャパンは実力と実績を認められ、メタルマスクレーザー加工機であるステンシルレーザーに関して、国内において正式に総代理店権をいただいております!

⇒世界最先端を覗いてみる

aerocom

1952年設立、ドイツ国内に本社を含めた10拠点を持つと同時に、世界中の販売網で65ヶ国へ納入実績を持つエアチューブシステムの老舗。
施設内物流設備では世界でトップの企業です。

aerocom会社写真

何故、日本には「コレ」が無いんだろう。
もし、「コレ」があったら、すごく便利になるにちがいない。
「コレ」は絶対にみんなの利益につながっていく。
という思いが募り、この業界で世界トップのエアロコム社に直談判し、導入技術の獲得を経て日本での正規総代理店にしていただきました。
まだまだ、日本では普及していませんが、私たちブルックスジャパンは、世界中で積み上げた数万の実績をご提案できます。
コスト削減や人員不足の解消はもちろん、パフォーマンスアップこそがこの設備システムの本領です。

⇒実力のアップを図ってみる


上へ

select languade

japanese english

select languade

japanese english

select languade

japanese english

select languade

japanese english